• 2022.03.25

    一年目社員に「若者のテレビ視聴実態」を調べさせてみた

    #インサイト

  • NTTデータ田邉です。
    昨年1年目社員に社内研修の一つのアイテムとして「若者のテレビ視聴実態」を自由に調べてもらいました。
    勿論いくつかのアドバイスは与えましたが、調査項目や調査方法など、基本的に彼らに任せ自由にやってもらいました。
    そうしたところ、彼らは身近な同期や友人を対象にインタビューを行い、そこで得た情報を元にWebでのアンケートを用意し、同期や先輩、友人に声をかけてからわずか数日で170人近い回答を得ることができました。
    サンプル数としては十分とは言えませんが、既に世に出ている調査データと一致する部分もあれば、なるほどと思う情報もいくつか得られたので、参考情報としては面白い結果だったと思います。
     彼らの調査報告の一部をご紹介します。
     アンケート回答者は、男性:98人 女性69人 年齢の内訳は20歳~25歳が75% 26歳~29歳が25%でテレビ受像機の所持率は約80%。
     テレビを「とてもよく視聴する」、よく視聴すると回答した人は約28.5% 平日のテレビ視聴時間が「1時間未満」と回答した人が72.6%でした。
     テレビ番組視聴に影響する要素としては、「番組内容」と「出演者」が目立つ結果でした。
     投稿動画に関するアンケートもとったのですが、「とてもよく見る」、「よく見る」と回答した人が87.5%でした。
     また、推しの存在が映像コンテンツ(テレビ番組、投稿動画、動画配信サービス)を見るきっかけになるかという質問に対しては、「ほとんどそうだ」、「よくある」と回答した人が合わせて約89%にものぼったことや、普段利用しているアプリ(ニュースアプリやSNSなど)をきっかけに映像コンテンツ(テレビ番組、投稿動画、動画配信サービス)を視聴することがありますか?という質問に対し、「とてもよくある」、「よくある」、「たまにある」の合計が75%だったことも特徴的でした。 
     ご紹介したデータはこの調査報告のごく一部となります。
    この他にもテレビや投稿動画、VODサービスの視聴タイミングや視聴方法、よく見るジャンル、SNSに関するアンケートなど様々な項目がありますので、もしご興味があれば、お声掛けください。

戻る